詐欺についての定義とそれに対する注意

###Site Name###

詐欺といえば騙されてしまい、何らかの損失を被ってしまったというのが一般的な意味として浸透しています。では法律上では詐欺についてはどう定義されているのか、そしてその犯罪の被害にあわないために、今頻発している振り込め詐欺についての対策・注意について述べていきます。


まず法律上での定義では、刑法246条に詐欺罪として規定されています。
刑法の記述によれば人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処するということです。要するに人を騙して金品を受け取る行為が詐欺罪に当たります。

それは目に見えるものを騙し取るということだけではなく、無賃乗車や無銭飲食もこれに該当します。

サービスというものは目に見えない形での商品ということですので、それを受け取っている時点で対価を支払わなければならないために適用されます。


そして最も注意しなければならないのは振り込め詐欺です。
これは少し前によく発生したオレオレ詐欺の総称としてこの名称が用いられるようになりました。

一般的に知られている手口は、まず老人に電話して、孫や息子を装って事故を起こしてお金が必要になったため、いくらか振り込んで欲しいというものです。


特徴としては必ずオレだよオレオレと電話の最初に告げるものです。
また、個人情報を入手して下の名前を告げる者もいます。どちらにせよ、高額な金額を振り込ませようとする手口です。

そして振り込んでしまえば最後、そのお金を引き出されてどこかに逃げてしまうということがあります。

対策についてはまずお金を用意する前に本当にそうなってしまったのか、孫なり息子なりと名乗られた場合には必ず本人の携帯なり自宅なりに電話をして確認を取ることです。

大抵犯人は公衆電話などからかけてきますので、番号を割り出そうとしても特定することは難しいため、必ず本人に連絡を取ることが重要です。

もしどうしても連絡先がわからない、連絡がつかない場合は警察など、相談できる機関に相談することが重要な対策になってきます。


http://www.fknews-2ch.net/archives/32589529.html
http://www.aoyama.ac.jp/life/employment/support/hum/
http://www.city.uji.kyoto.jp/0000003536.html